一言コメント

チームリーダー兼メカニックmituzoの活動日記

2016年9月26日月曜日

mituzo@清瀬

mituzoでございます。

本日から二日間の研修で宿舎と研修部屋での缶詰生活。

少しでも楽しめないかな〜、と以前にPTさんから教えて頂いた「駅メモ」をインストール

まず、移動中は楽しめました。

復路はやまびこにすっかな?

2016年9月25日日曜日

これから、前泊で東京入りなんだけ〜が


自分でもビックリするほどテンション上がんないっす。

う〜ん…、

日当直明けだからか???

単に、仕事だからだな(--;)

2016年9月24日土曜日

TdTサポート完了⑤

mituzoでございます。

まずは本日の一曲。

土曜日の午後くらい、懐かしい80年代ポップスでも聴きながらのんびり過ごしましょうや。
さ、今日もぼちぼちふり返って参りましょう。

遭遇したトラブルは以上でして、ウェット路面で十分に注意していたからか、サポートライダーたちのコントロールが素晴らしかったからか、懸念していた「落車」もありませんでしたね。

そんなこんなのサポート対応をしつつも、サポート側の自分だって100㎞を走破してスタート地点の石巻専修大学に戻らなくちゃいけない1人なわけで・・・、

そ・れ・な・り、に漕ぎを入れさせてもらいましたょ。

第一エイドの女川駅。
こちらでは、サンマのすり身汁(通称:女川汁)を頂くことができるんですが、エイド到着時には予想通り女川汁渋滞発生中。
じる渋滞だけでなく、トイレ渋滞もすごい事になってまして・・・、持参のエネルギーゼリーで補給してすぐに再スタート。

実は、第一エイドは前走者の方たちに加え、全コースの参加者が必ず止まるエイドになっているので210㎞コースか170㎞コースの先頭あたりを走っている人以外、最後まで渋滞が途切れることはないんですね。

ま、その辺はサポート含め、今年で4回目のTdT参加なので、手慣れたもんです。
食べれなかった女川汁はまたの機会に。

すると、以降のエイドはス~イスイ。

女川エイド以降のアップダウン区間は、前述のトラブル対応をしつつも、ぶっといタイヤのMTBに乗ったサポートライダーによるオーバーテイクショーのブレイクアウト。ではなく・・・、

「お疲れ様で~す。頑張りましょ~。」とか

沿道で応援して下さる方々に

「雨の中どうもねぇ~」

とか声援を送りながら、控えめに、至極控えめに参加者の方々を抜かせて頂きます。本当です。
ザ・ジェントルライド、なんつって。

そして何回も言いますが、アップとダウンの繰り返しなので、3×9SのMTBで本当に良かった。
フロントアウター縛りのビス君での参加は・・・、無理っす。

つづく