一言コメント

チームリーダー兼メカニックmituzoの活動日記

2018年5月24日木曜日

庄内はいいよ~その11~

mituzoでございます。

11回も「庄内庄内」語っておりますが…、

庄内と言えば「庄内柿」で異論はございませんね。

甘くてとっても美味しい柿が全国的に有名でして、こぉ~んな「柿オブジェ」がお出迎え。
で、ここからは私mituzoの勝手な妄想なのですが…、

山形の方たちって「辛抱強い人」が多いのでは?と思いましてね。

冬は豪雪と吹きっさらしの強風だし、夏は全国的にみても暑い気候だったり、と。住むには大変な場所のハズなんだけど、地元を愛してそこに住む人の愉しみとして、長い年月をかけて美味しい食べ物が改良され続け、そして今に至る。
だから、山形県の食文化は豊かなのかな、と。

はい、ただの食い意地張ったおっさんの戯言です。どうやら1泊だけじゃ心の洗濯効果は薄かったようです。

では参りましょう。
宿坊「大進坊」を早々に出発して向かった先がこちら。

「長寿温泉」

ナイスネーミングなこちらの温泉。
羽黒町の中心部に位置する地元の方が入るような温泉なのですが…、
入湯料は確か450円だったかな。ちょっと割高感があるけど、温泉の実力はさすが山形。
源泉かけ流しの熱めのお湯にしばし浸かりますと、もうね。汗の量がハンパないです。

出向いたのが早めだったからか、地元の方が数名というほぼ貸し切り状態の中、塩系のさらっとしたお湯に浸かったオヤジ。イイ感じで「美肌@庄内」という感じでございました。

ぶらり旅と言いつつ、昨日のプラン選定で次に向かった先がこちら。

「鶴岡物産館」

ここに来れば、山形の名産品が何でも揃いますね。
それを知ってか、午前中からお客さんで相当賑わっておりました。

次の目的地への移動時間を考えつつ…、各方面へのお土産を買いつつ…、

もうチョイ、つづく。

2018年5月23日水曜日

庄内はいいよ~その10~

mituzoでございます。

のんびり進行でとうとう10回越えシリーズになってしまった庄内散策。
羽黒山の下山からは「サクッと」行きたいところですが…、どうなることやら。

登るのも大変だけど、下るは下るで脚への荷重が増える分、関節への負担は高そうですね。

若い時はそんなことお構いなしでガンガン行けるし、ジャンジャン下っていく若い衆と何度もすれ違いますが、ペースを保って参りましょう。

NO準備だったけど、MERRELLのジャングルモックだったのがせめての救いか。

途中、レアポータルに立ち寄りつつ…、

ようやく、スタート地点の山門が見えた頃には本日の宿泊場所へのチェックイン予定時間を過ぎてました(´・ω・`)

で、こちらが本日の宿泊場所「大進坊」

渋いでしょ~。

周囲には大進坊さんだけでなく、「宿坊」と呼ばれる出羽三山参りをする人達向けの宿泊場所が多く立ち並んでます。
shukubo map

チェックインを済ませると、作務衣を着たスタッフさんが宿泊部屋まで案内をして下さいました。

こーんな長い廊下を通過し

掃除の行き届いた和室

その日のお客さんは関東方面からのファミリーと外国(ドイツ?)のファミリー、そしてmituzo。
まずは貸し切り状態の風呂で汗を流しときましょう。

そして、お楽しみの夕食タイム。

地元の食材で作った精進料理!!

山菜をつまみに、本日の酒パワー「御神酒」

実にストレートなネーミングですね。

こちらのお猪口で頂きます。

お料理、お酒、共にお味の方は「言わずもがな」
美味しい食材を生み出してくれる庄内の自然に感謝しつつ、美味しく頂きました。

部屋に戻った後は、持参したノートPCを無料Wi-Fiに繋いで翌日のプランニングをしつつ、とっても静かな環境でのんびりと過ごさせて頂きました。まぁ~、贅沢な時間ですね。

翌日は7:00から御祈祷をして頂き、そのまま朝食へ。

精進料理、再び。

お味は「言わずもがな再び」ですが、量はもうチョイ…、
おっとっと、食に対する強欲っぷりを抑えて抑えて。

あいにくの天候ですが、生命の源たる水の滴「雨」も愉しんで参りましょうか。

無理くり「心の洗濯」に向けている感もありますが…、

以降へつづく。