一言コメント

チームリーダー兼メカニックmituzoの活動日記

2018年10月19日金曜日

帰ってきたオニキスNB修繕 ~その2~

mituzoでございます。

そう言えば・・・、「前回の交換はいつだった?」

そ~んな時、どうしましょうか?
人によって様々でしょうが、こまめに整備記録簿や専用の手帳に書き記している人やら、スケジュール帳を使ったり、スマホのメモ機能やそれ系のアプリを使ったり・・・。
こと、私mituzoの場合はFULLKIDzブログの右下の検索窓を使って「レイブリック」でヒット。
どうやら2015年5月に交換していたようです。

ていうか、ハイマウントストップランプはその前にも割と近い時期に交換してたような記憶があるんだけど・・・、更に前の交換記録は見つけられませんでした・・・。
ロードスターの場合はトランク開閉だったり、路面の振動だったりの影響を受けて玉切れ起こしやすいんでしょうかね~? 

余談ですが、オイル交換などなどの交換履歴は「Carログ」というアプリで履歴管理してまして、確かJAFだかが無料で出してるアプリなんだけど、かなり便利なのでおススメです。

さて、交換手順はソケット部分を時計回しに捻って外し、電球交換したら逆の手順で組み込むだけ。簡単ですね。


新品だから、たぶん大丈夫だろうけど・・・、念のため、点灯確認しときましょうか。

決して長くない右足をググゥ~ッと伸ばしてブレーキペダルを踏んづけると同時に後方を覗くのですが・・・、ランプは見えません。
前に、「コンビニにバックで駐車する時にブレーキランプの写りこみを確認する」ってな方法をお伝えしたのですが、何もない駐車場でブレーキランプの球切れを自分で確認するのは、思った以上に難しい。
う~ん、と考えて・・・、思いついたのは「アルミホイル作戦」。
ハイマウントストップランプ付近を適当な大きさのアルミホイルで覆って、その反射を利用して確認しちゃいましょう。明るさはともかく、点灯したかどうか確認できりゃ良いので。
仕切りなおして、再度、決して長くない右足でブレーキペダルを踏んづけますが~・・・、

「点灯せず(・_・;)」

さぁどうしたもんでしょう。もしや不良品???
2個入ってるので、もう一つのLED電球と交換して試してみても・・・、

「点灯せず(*_*)」

あいたた~、流麗に輝く赤色LEDの光を1ヵ月半もの間、妄想し続けていたんだけど・・・。

つづく。

2018年10月18日木曜日

帰ってきたオニキスNB修繕 ~その1~

mituzoでございます。

8月中旬、ボンネットからのモクモクケムリに始まり、1ヵ月半以上に渡る入院期間を経てついに退院したオニキスNB。

実は、入院前に予定していたプチ修繕が頓挫しておりましたのでね。
部品だけは取り寄せ済みだったから、ず~~~っと部品眺めつつウズウズ。そんな「おあずけ状態」だったプチ修繕。

それでは早速参りましょう。ちなみに今回もロングシリーズ必至。
まとめ読みしたい方、どうぞ1ヵ月半後に再訪を。

まずはお取り寄せした部品のご紹介から。

PHILIPS謹製「S25シングル 赤色LED電球」

同じくPHILIPS謹製「T20ダブル 赤色LED電球」

共に、みんカラの評判やらアマゾン先生の評判やらをバッチリ確認し、NB2の適合も確認した上でのお取り寄せ。

いわゆる「ポン付け」レベルなので、サクッと交換しちゃいましょう。
で、交換する電球は~~~~、って引っ張ったところで「赤色」だからね。
交通法規上、リアに決まっていますが、交換するのは・・・、

左右のブレーキランプと中央のハイマウントストップランプの3箇所

はじめに、ハイマウントストップランプの球切れが発生してまして・・・、

「いっそのこと球切れしづらいLED電球にしちまおう!!」

を発端に、左右のブレーキランプもLED化することに。
交換だけなのに、何故にロングシリーズなのか? は、次回より。

つづく

2018年10月17日水曜日

SFCの振り返り ~その10~

mituzoでございます。

あとはゴールを目指しますよっ!!

第3エイドの後も微妙なアップダウンは続きますが・・・、
もし、当日ロングコースだったとしたら・・・、前半に大きなヒルクライム登ってっからな~。

ゴール手前の微妙なアップダウンも相当堪えるんでしょうね(*_*)

その点、今回は予定よりも大幅に体力と時間を残した状態でゴール!! 体調不良を起こした参加者さんやスズメバチに刺された参加者さんと遭遇することもなく、パンク修理対応も1件のみ。
そして、サポート側の自分自身もノントラブルで無事に帰還することが出来ました。今回先導役だったマリオくんも無事にゴールしてまして、しばしの談笑タイムです。

で、到着した後のお楽しみがもう一つ(^_^)v

ゴール地点で振舞われたのは、「松川浦薫るあさり飯」と「松川浦薫る海苔汁」のセット。た・し・か・に、薫ってましたよっ!! 松川浦の潮の恵みが!! 共に美味。

「ゴチっした」

ん~~、大食漢の私mituzoには、ちと足りないかな~~~。。。

「頑張った自分へのご褒美モード」はロングライド後の怖さでしてね。ロングライド後についつい食べ過ぎちゃうのは、分がっでんだげっども。。。こればっかりはやめられない。
恐らく、誰もが経験するサイクリストあるあるではないでしょうか?

ゴール地点には地元の名産品等々の販売ブースがございましてね。
「自分へのご褒美」と「復興支援」の意味も込めまして、「アンコウのから揚げ」「なみえ焼きそば」をペロリ。

それでも足りず、地元銘菓の銘店「中村松川堂」さんブースで

お土産&自分用のお菓子をゲッツ!!

またしても、完全にインオーバーのカロリー摂取を致しまして。。。
最後の最後のお楽しみ。

「天宝の湯」

塩系の美肌の湯へ「チャポンとな」

まぁ~、ロングライド後の温泉ってのは、言うまでもなく「至上」
いつも通り、手ぇシワッシワになるまで浸かった後に向かった先は~~~~、

「職場(・_・;)」

そうでした、そうでした。勤務変更のため、宿直だったけか。
相馬から職場のある山元町まで近かったのがせめてもの救い。。。 散々っぱら愉しませて頂いたからね。24時間勤務のはじまりはじまり。

いじょ、濃ゆい1日となった、「第1回相馬復興サイクリング」の振り返りでした。

2018年10月16日火曜日

SFCの振り返り ~その9~

mituzoでございます。

案の定、ダラダラ進行で失速しつつある「SFC振り返り」

ブログアップの間にも「サイクルフェスタ丸森」やら「オニキスNB退院」などのネタも控えてますのでね。あんまり引き伸ばさずに参りたいところではございますが・・・、

第3エイド「新地町エイド」に向かいましょう。

第3エイドまでの道程の一部も何となく見覚えのある感覚がしたんだけど、そういや「NHCTサイクリングオフいわき」でAssOさんと共に走ったことがありましたね。
微妙なアップダウンを繰り返しつつ進行して行きますが・・・、

参加者の方で2列並列走行しちゃってる人がちらほら。

一応、「1列でお願いしま~す。」ってなお声がけをさせて頂くんだけど・・・、「♪クルマもそれほど走ってねぇ」なのでね。
その辺は空気を読みつつ、あんまりにもはみ出し過ぎてる時だけにしときましょか。

そうこうしているうちに、第3エイド到着。
第3エイドでは「にら汁」「プチトマト」のお振る舞い。

降り続く雨と低めの気温で疲労した身体に染み渡る、温か~い「にら汁」は最高でした。
ただ・・・、逆に好転だったら??? おっと、雨想定の振り返りは自粛しておきましょうね。
きっと来年は青空の中で食べる「にら汁」。間違いなく最高でしょうな。

そうそう、「にら汁にら汁」ゆうてますが・・・、ほいず何や???

あれは・・・、う~ん何というか・・・、
しょうゆベースのとん汁に「ねぎ」の代わりに「にら」を入れた汁物。イメージできますでしょうか???

スタミナ食材でもある「にら」を注入し、あとはゴールまでひた走りますよっ!!

2018年10月15日月曜日

とりあえずは、経過観察継続で。

mituzoでございます。

ドラマだか映画のタイトルでしたっけ?

「頭の中の消しゴム」やら「君の膵臓を食べたい」だとか・・・。

まぁ、気持ち悪いですよね。普通に。

あえて、乗っかるわけではございませんが、経過観察中の「頭の中の爆弾」こと「未破裂脳動脈瘤」定期受診の結果・・・、何と・・・、

「昨年と変わらず2mm×2mm」

引き続き経過観察と相成りました。

日常的にトレーニングして追い込んでましたのでね。ひょっとして成長させちゃってたか? なぁ~んて心配してたけど、一時的な血圧上昇(適度な負荷の運動)はむしろ血管の柔軟性を維持するためには必要なんでしょう。

そんな風に自分に都合よく解釈しつつ・・・、

「頭の中の爆弾」を抱えつつ・・・、

さぁ、今日も一日ピッカーンと輝いて参りましょう!!

ん、そういや・・・、中等度夜間無呼吸症候群は??? どうなった???

2018年10月14日日曜日

ついに、ついに帰ってきたよ…、

mituzoでございます。

相棒のオニキスNBが退院して参りました!!

早速オープンにしてみたり…、

ヘッドライトが黄ばみ通り越して白内障状態でも、それなりの経年劣化含めてきゃわゆい相棒だからさ。

コンプレッサーはリビルド品ではなく、現物を外してリビルド業者に送って組み直してもらったんだって。
エアコンの効きもバッチリでステアリングも軽くなっ…、ん?こんな重かったっけ?
いや、代車のオニキスラパンに3600kmも乗ってたからね。すぐに前の感覚に戻るでしょう。

工賃込み14万円を高いととるか、安いととるかは人それぞれだと思うけど…、
愛車と離れていた時間が、さらにNB愛を高めちまった模様。。。

離れていた間に浮気しそうになっちまったよ。
そ~んな、しっくりぴったりくる相棒を早速いろいろ弄ってますが…、追々。

2018年10月12日金曜日

SFCの振り返り ~その8~

mituzoでございます。

まずは本日の復興応援ソング

さぁ~、お楽しみの第2エイド。

小雨ながらも降り続く雨で冷え切った参加者の皆さんに振舞われたのは・・・、

「どんこ肝つみれ汁」
「焼きタコ串」
「つぶ貝串」

いやぁ~、冷え切った身体に温かいつみれ汁が染み渡りまして、適度な塩加減もグー。
焼きタコ、つぶ貝も美味でして、ビールに合うこと間違いなし。って、ロングライド中でしたね。ビールは帰宅してからのお楽しみに・・・、って禁酒期間中でした(*_*)

ま、禁酒なのは私事なのでさておき。第2エイドでも、参加者の方からお声がけを頂きましてね。

「あとどのくらいなのかね~」

参加者さん、一見するとご年配の様子。

「残り半分くらいですね。次のエイドでも汁が待ってますよ~。温かい汁が堪らないですね~。」

そんなやり取りだったかと思います。
「現在どの辺を走っているのか?」「エイドはどのような感じなのか?」
TdTでもそうだったように、やっぱり参加者の方々が気になるのは同じなんですね。土地勘はないけど、その2点だけは押さえておいて良かった。

あ、そうそう。
遡ること2010年。「NHCTサイクリング・オフ いわき」のときは、ちょうど第2エイド付近で長居して・・・、

カニ飯&あんこう汁だったり、

直売所おばちゃんが焼いた

カレイだったり

つぼダイだったり

美味かったなぁ~、懐かしいなぁ~。ガラケーの写メは縦長だなぁ~。
当然ながら、AssOさんも、私mituzoも、若かったなぁ~。

回想しつつ、つづきます。

2018年10月11日木曜日

SFCの振り返り ~その7~

mituzoでございます。

まずは本日の復興応援ソング


さて、スタートから7.6km地点の第1エイド「相馬市エイド」を後にし、海岸沿いへ向かいましょう。

第2エイドまでは、日本の渚100選にも選ばれている「大洲海岸」を通過するルートでして・・・、

大洲海岸と言えば、東日本大震災の前にNHCTのレジェンド「AssOさん」と一緒に、いわき駅からのロングライドで通過した思い出の場所。
あの時も、喰いまくりのロングライドだったなぁ~。始発で名取駅を出発し、片道輪行でいわき駅から帰ってきたんだっけ。。。

そぉ~んな思い出に浸りつつ、雨の中到着してみますと・・・、台風による高波のためか、太平洋側の沿岸部に施されている「かさ上げ工事」のためか、あの時の風景とはだいぶ異なるような・・・、気のせいかな?
まずは、降雨&台風だったからね。晴天の時にもう一度訪れてみましょうか。

しばらく海岸沿いの真っ直ぐな道を走った後、短いトンネルを抜けると、松川浦大橋が見えて参りました。したっけ・・・、

「悪魔おじさん登場!!」

「悪魔おじさん」とは!? 様々な自転車イベントに出没する、文字通り悪魔コスチュームを纏ったおじさん、のことでしてね。今回はゲストライダー枠なのかな? 松川浦大橋の頂上付近で参加者&スタッフを激励しまくってました(^_-)-☆

松川浦大橋を越えると、信号を左折、信号を左折、でぐるっと周って第2エイド「相双漁協エイド」到着です。
ここは土地勘がなくて迷った箇所でした。

つづく。

2018年10月10日水曜日

本日の宿直メシ、MAX再び

mituzoでございます。

かつて、新味ランチパックが出る度に食しておりましたが・・・、賞味期限の短さ故に実食→アップのスパンは短め。

対するペヤングの場合、賞味期限が長いので購入後から実食までが長くなりがちでしてね。今回もその類。

では参りましょう。

「ペヤングやきそば からしMAX」

一つ前にお伝えした「激辛MAX END」よりも前に買ってはいたものの、職場ロッカーで寝かせていた一品。

見た目はミンチ肉無しのオリジナルペヤングなのですが・・・、

さぁ食べようと顔を近づけたとたん、

「目ぇ、痛ってぇ~~~~」

かなりの揮発性刺激が!?
むせ込まないように注意しつつ食べてみると・・・、それほど辛くない。
からしの揮発成分だけをソースに混ぜたのか??? 謎だ。

結果、オリジナルが至上なのは言わずもがななのですが、ムセだけ誘発して味は普通て。

どうぞ「誤嚥性肺炎」に十分留意し、ペヤングライフをお過ごし下さいませ。

2018年10月9日火曜日

SFCの振り返り ~その6~

mituzoでございます。

さてと、お待ちかねの第1エイドステーションに到着致しまして・・・、

おっとっと、こちとらサポートライダーの身。主役は参加者の皆さんだよね~、なんつって。
いやいや、腹が減ってはサポートが出来ぬ、なんつって。都合よく解釈すっぺ。

それでは参りましょう。第1エイドで振舞われたのが、相馬市の和菓子屋「船橋屋製菓さん」謹製

「お星様ケーキ(^_^)v」
「お星さまケーキ」の画像検索結果

まぁ~、何とも可愛らしいケーキだごだなや。
何しろ、相馬市の小学校では学校給食でこちらの「お星様ケーキ」の日があるのだって。羨ましい話です。

そして、ケーキのお供はブラックコーヒーorストレートティーときた。
分かってるねぇ~(^_-)-☆
美味しいお星様ケーキをペロリと平らげつつ・・・、

珍しそうにSPDサンダル姿のmituzoを見る参加者の方から、
「今日はそれ(サンダル)が正解だな~」
「ですよねぇ~」なんつって。

そんなサイクリスト仲間との触れ合いもロングライドならではだね。

心もお腹も満たされつつ、リ・スタート。
この際、「武士は食わねど高楊枝」のことは忘れ、次のエイドへ向かいましょう。

つづく。

2018年10月8日月曜日

SFCの振り返り ~その5~

mituzoでございます。

雨模様の中スタートしたSFCこと「相馬復興サイクリング」ショートコース

こちらがショートコースとなります

画像下の部分の標高差、案外当てにならないからね。これ豆な。

さて、ほとんど土地勘がない相馬ですが、官公庁が集まる相馬市内を少し離れると一気にクルマ通りが少なくなりまして・・・。てゆうか、あまりにもクルマが通らなくてちょっと寂しいくらいでした。
その分、自転車にとっては走りやすい環境ですね、間違いなく。

おまけに、分岐点には地元ボランティア方々による立哨があったので、土地勘がなくても先導できる感じ。
ほとんど実走はしてませんが、TdTのサポートライダー講習会では丸1日みっちりと練習したからね。途中からはTdT仕込みのサポートライディング開始です。
そんな中、スタート5km付近でパンク修理中らしき参加者の方を発見。

すぐに駆けつけてお声がけしたところ、パンクのために自力でチューブ交換をしたんだけど、何やら難儀しているご様子。
確認してみたところ、「きしめん」状態になってる新品チューブがビード部分にかみこんじゃってますね。早速お手伝いさせて頂きましょうか。

一度タイヤを外し、インフレーターで軽く空気を入れてチューブを膨らませます。そうすることで、かみこむことなくタイヤに収まりました。そんな中・・・、

「大丈夫ですかぁ~?」

一人の女性が声を掛けて下さいまして・・・。声の主は「川村エミコさん!!」
雨降りの中、参加者の皆さんと共に走るだけでなく、声援に応えたり、写真撮影や取材に応じたり、困った人を見つけたら声を掛けたり、と。お人柄の良さが溢れ出しているような方でしたね。

「こちらは大丈夫ですよ~、川村さん頑張ってねぇ~~。」
「はーい、頑張りま~す。」

そんなやりとりだったかと思いますが・・・。私mituzo、一発でファンになってしまいました。
何しろ、スタート直後のパンクってのは精神的ダメージが大きいし、しかも雨の中でのパンク修理。お名前は存じませんが、参加者の方にとってどれだけのサポートになったか計り知れませんね。

パンク修理後は、ひたすらインフレーターを参加者さんにシュコシュコして頂き、目測5barあたりでとりあえず走行可能と判断し、リ・スタート。
今回、マシントラブル対応はその1件だけでしたが、お役に立てて何より。
修理した手前、第1エイドまでは後方から伴走させて頂きまして、エイドに設置してあるフロアポンプで適正圧までポンピンぐぅ~。
きっと、パンク神様も微笑んでくれたことでしょう。

つづく。

2018年10月7日日曜日

ビス君@阿武急

今日は阿武隈急行線(通称 あぶきゅう)の、サイクルトレイン試験運行日。

という事で、初体験してみちゃってます(^o^)
折りたたまずに自転車を無料で持ち込める日なんだって。

からの〜、丸森ロング恒例ジャンボおにぎり

2018年10月6日土曜日

SFCの振り返り ~その4~

mituzoでございます。

引き伸ばしもこの辺にして 「いよいよスタート!!」しまっせ。

6:30から始まった開会セレモニーでも雨は止まず。
ロングコース中止と30分遅れの7:45分スタートが参加者の皆さんに伝えられました。

こちらがヒルクライムありのロングコース。

登るということは同じ分だけ下ることになりますのでね。微妙な天候ではあったけど、雨天の下りは本当に危険なので賢明な判断だったと思います。

セレモニーでは相馬野馬追のお馬ちゃんもお出迎え。
「相馬野馬追」の画像検索結果

おっと、相馬野馬追(そうまのまおい)は重要民族無形文化財でしたね。「お馬ちゃん」なんて呼んだら後ろ足で蹴っとばされちゃうな。

ついにセレモニーも終わり、約20名ずつ、2分間隔でいよいよスタート!!

の前に~~~~。
はい、いつもの引き伸ばし。ではございませんで・・・、

野馬追衣装に身を包んだ3名の方々による法螺貝の合図が3発。そして、太鼓と掛け声「前ぇ~~」

「ようやっとスタート!!」

ふぅ。やれやれ。
私mituzo、予定のスタート位置は4番手付近でしたが、空気を読んで後方寄りから参りますね。
そして、川村エミコさんのエピソードへ続く。

2018年10月5日金曜日

今年はちゃんと

mituzoでございます。

SFC振り返りの途中ですが・・・、

10月7日(日曜日)は「2018サイクルフェスタ丸森」ですね。

今年は大会前にきちんと書類が届きましたよっ!!

てゆうか、10月5日4:00現在、10月7日の東北地方は台風真っ只中、大荒れ、大雨、しけの予報(´・ω・`)

無類の雨男伝説…、再び…。
いや、今年はTdTも青空の下、最高のサイクリング日和だったし…、好天好転をば期待致しましょう。

そして、できることなら阿武隈急行(通称:あぶきゅう)のサイクルトレインやら、同時開催の「赤いもん祭」も共に、愉しんじゃいましょうか。

ずっとママチャリだったけど、今年はビス君を駆ります。
意外にも、ビス君@サイクルフェスタ丸森は初体験ですね。

参加される方~~~、ヨロピク~~~。

2018年10月4日木曜日

SFCの振り返り ~その3~

mituzoでございます。

果たして、いつスタートするのか?
それとも、フェードアウトか?

その3だからね、まだ大丈夫そうです。
どうしても最後の方は惰性で進むのがいつものパターンなんだけど・・・。勢いのあるうちに参りましょう。

明るくなってきたのは5:30すぎ。会場となる「相馬市民会館」のトイレをお借りし、外に出てみるとマリオくんと遭遇。
今回、マリオくんはロングコースの先導役。我々FULLKIDzの貢献度は中々だねぇ~。そんな自己満に浸りつつ・・・、

雨降りだけど、しだいに明るくなってきた会場を見渡してみますと、テレビ取材撮影中のゲストライダー「川村エミコ」さんに遭遇。

雨の中、慣れないロードバイクでご一緒して頂けるんですねぇ~。
実は、大会中に後日談がございまして・・・。私mituzo、一発で川村エミコさんファンになってしまいましたが、それは追々。

会場には、相方の白鳥久美子さんもいらしてまして、スタート位置で参加者の皆さんをずっと応援して下さってました。お忙しい中、朝早くから本当に頭が下がります。

結果、たんぽぽ推しで「その3」終了。
スタートはいつになることやら・・・。

つづく。

2018年10月3日水曜日

SFCの振り返り ~その2~

mituzoでございます。

中々スタートしないのが、おらほのブログの特徴でございまして・・・、

振り返り内容も風の吹くまま気の向くまま。
せっかちな方は、数日後に一気読みして下さいな。それでは参りましょう。

当日は4:50~5:10が第2駐車場への会場入り時間として指定されていたので、逆算して3:30に名取を出発。途中、コンビニでトイレ&朝食買い込みつつ、同じ6号線の海岸方面に間違って進んだけど、ほぼ定刻どおり到着。
そして、嗚呼安定の方向音痴。っていうか、何で6号線が2本あるんだい???

それはさておき、看護師枠の特権で大会会場「相馬市民会館」近くの第2駐車場に停めさせて頂いたのですが、本来の駐車場は雨の影響でぬかるんで大変だった模様。有難いやら、申し訳ないやら・・・。がんばりMAX。。。

さてと、真っ暗闇の中、準備を開始しましょかね。。。
ってか、2週間前のTdTサポートと装備はほぼほぼ同じなので、ビス君降ろして空気圧チェックしたくらいか。

からのぉ~~~。

本日のランチパック「酪王いちごオレ入りホイップ」

前日にイトーチェーンのコストコフェアでドデカティラミス断念してっからね。
モチベアップのホイップを注入。

も一つおまけに、「ちょいパクラスク 安納芋味」

こちらは前日にイトーチェーンで購入。
嗚呼、秋の味覚。

ってか、大会当日と丸被り&本日のランチパック寄りなブログになっちゃった。

引き続きこんな感じで、ゆる~く参りますよっ!!

2018年10月2日火曜日

SFCの振り返り ~その1~

mituzoでございます。

にしても・・・、ものすごい台風だったようでして・・・。

何とも他人事のような表現になってしまいましたが、SFC当日の夜は宿直勤務をしてたのでね。暴風雨の中、私mituzo仮眠中で夢の中でした。
で今朝、明るくなった山元町を見渡しますと、イチゴのビニールハウスにちらほら破損が見られたり、交通表示板がなぎ倒されていたり、古い祠の屋根が吹っ飛んでたり、と。

今年は天変地異の年になってしまいましたね。
被害に遭われた方が一日でも早い日常生活に戻られることを心からお祈りしております。

さてと早速、忘れないうちにSFC備忘録ば、まとめておきましょうか。
今回はサポートライダー兼医療スタッフってことで、「ポイズンリムーバー」なるグッズが事前配布されまして・・・。

「ほいず、何や???」ですよね。

はい、こちら

注射器のようにも見えますが、注射器の逆「吸い出すための器具」でしてね。
使用用途としては、「蜂や蚊、その他の毒虫に刺された時に毒を吸い出す」なのだとか。

「えっと・・・。これはたぶん、刺されてすぐにやらないと意味がないのでは・・・。」

初見ながら、そう思いまして。ちょいとググってみました。
したっけ、「遅くとも2分以内に使用すること」とな!? また、「15分、30分後では意味がない」とな!!

結論から申しますと、今回のサポートでは出番のなかったこちらの「ポイズンリムーバー」。万が一スズメバチに刺されちゃった場合はmituzo周辺で走行中、もしくはmituzo自身以外は残念ながらポイズンリムーバー様の恩恵を享受することは難しそうですね。

ま、こういったお品物は「お守り」みたいなものだからなぁ~。
ググったっけ1000円程度で購入できるようなので、必需品ではないにしろ「おすすめ装備品」として、来年度はどこかに記載しても良いかも知れませんね。

ちなみに、こちらのポイズンリムーバー。
登山関係の人たちの認知度は高いようでして、持ってる人は案外多いのかも。

登山は完全に専門外のまま、振り返りは続きますよ。

2018年10月1日月曜日

SFCの振り返り ~導入~

mituzoでございます。

何ともすっきりしない天候が続いておりまして・・・、

9月30日(日曜日)に初開催された「第1回相馬復興サイクリング:SFC」も台風の影響により、上級者向けロングコースが中止。初・中級者向けショートコースに変更となりました。

とは言え、統括のサイクルショップワラガイさんはじめ、相馬市、南相馬市、新地町、飯館村の4市町村の関係者様、ボランティアの皆様、応援に駆けつけて下さった皆々様。
天候ばっかりは「神頼み」なんだけど、「スッカーン」と晴れ渡った秋空の下でのサイクリング大会を心のそこから期待していたことと思います。
お気持ちを想うと言葉が見つかりませんが、今日のための様々なご尽力は「来年への布石」ということで、参りましょう!! もちろん来年もサポートさせて頂きますっ!!

さて、初・中級者向けとは言っても、「ド平坦」でなかったショートコース。
最後の方はなかなかのアップダウン区間もあって、前半ヒルクライムのロングコースってば・・・、TdS(ツール・ド・さくらんぼ)のヒルクラにも匹敵するかも。
間違いなく上級者向けでしょうね。
その一方、これまでに参加したサイクリングイベントの中でも、ロングの人たちにロードバイク以外の車種、クロスバイクやMTB、小径車、ファットバイク、ルック車などなどが多かった印象なので・・・。果たして、無事に帰ってこれるかな~??? おっと、失礼しました。

あとは、クルマの交通量が比較的少ないこともあって、2列走行の人たちに声を掛けさせてもらうことも多かった印象でした。
ま、その辺も開催回数を重ねるにつれて変わってくるでしょう。

非防水のiPhone5Sゆえに画像は全くありませんが・・・、「画像なし」なりの振り返りと参りましょうか。

つづく。