一言コメント

チームリーダー兼メカニックmituzoの活動日記

2018年11月19日月曜日

帰ってきたオニキスNB修繕 ~その25~

mituzoでございます。

本日もお取り寄せした物品をご紹介。

「ジャン」

シンプルなダンボールのパッケージ二つが透明テープでくっついてます。
しますねぇ~、どことなく「中華」の香りが。

中身は「フォグランプユニット」でして・・・、

2個で¥2800也

造りは「値段相応」といった感じ・・・、

電球付きなのに、PIAAのH11電球代よりもお安いからね。

電球装着部分の処理もガシャガシャ気味で怪しさ満点(^_^)v

そして謎のネジ2本とガイド部品。当然ながら説明書はございません。

Amazon評価は賛否両論だったので、まずは実際に使ってみましょうか。

何だかなぁ~~~~、中華製への信頼感の低さってば。
マックのアオカビパティが衝撃的過ぎた気もするんだけど・・・。

「信頼が崩れるのは一瞬 信頼を築くのは永遠」

mituzoの戯言風に、つづく。

2018年11月18日日曜日

第8回山元町ふれあい産業祭

mituzoでございます。

11月18日(日曜日)と言えば…、

皆さんご存知の通り、「第8回山元町ふれあい産業祭」ですよね。

ん??? 初耳ですか???

昨年はお寒い中、「血管年齢測定」をさせて頂きましたが、今年は「ストレスチェック」ですぞ!! 当然ながら「無料!!」

つばめの杜中央公園さ来てけさい~

以下引用

概要:町の特産品のいちごやりんご、ホッキ貝の試食・販売をはじめ、地場産品販売、全国のご当地グルメが味わえるなど、食欲の秋に嬉しいお祭りです。
 チャリティー抽選会や、来場者参加型のイベントなど、楽しい催しもありますのでぜひお越しください。
 町のPR担当係長ホッキーくんも登場します!!

イベント内容:
  • 商工会員、りんご生産者、いちご生産者、漁協等による出店ブース
  • いちご・りんご・ホッキ貝の試食、りんごジュースの試飲  
  • 復興支援自治体による出店ブース(ご当地グルメ)
  • 山元町商業協同組合による割増商品券の販売       
  • りんご狩り体験  
  • チャリティー抽選会
  • ご当地キャラクター出演(ホッキーくん・むすび丸など)
  • ステージイベント

いじょ

2018年11月17日土曜日

帰ってきたオニキスNB修繕 ~その24~

mituzoでございます。

小出しに小出しに、トータルすると結構な金食い虫になってるオニキスNB。
古いクルマに乗り続けるって、コスパ的には・・・、
いや、考えないことに致しましょう。DIYでやってるので、まだ可愛いもんだろう。

で、アマゾン先生でこちらをお取り寄せ。

「IPF謹製 LEDフォグランプ極黄2400K」¥10798也

フォグランプは「黄色」でも車検OK。

ちなみにオニキスNBの場合、年式的にヘッドライトも黄色OKなんだけど、検査官のさじ加減で黄色アウトの場合もあるから要注意。

何とも阿保くさい話なんだけど、そんなグレーゾーンのお陰で助けられる場面もあっからね。そこを否定するつもりはございませんし、むしろ愉しんじゃうのがmituzo流。

ドライバーユニット別体式ファンレスモデルのこちらは・・・、

「MADE IN CHINA」

同じ中華で、半額以下の製品もあったけど、一応「IPF」ブランドだし、みんカラやAmazon評価を参考にこちらをチョイス。

通勤ルートは街灯がない農免道路がメインなので、夜間のフォグランプは常時点灯状態。ガシガシ使って品質を評価させて頂きましょう(^_^)v

つづく。

2018年11月16日金曜日

帰ってきたオニキスNB修繕 ~その23~

mituzoでございます。

お次の修繕も・・・、電球(~o~)

「どんだけぇ~~~、かたたまぁ~~~~。」

そういや、一時のmituzoオネエ疑惑はいずこへ。
まぁね、他人の視点は気にしない、信じるものは自分と時間。
本日も孤高の修繕作業を「背負い投げぇ~~~。」

で、本日の「かたたま」がこちら。

左のフォグランプが切れて片玉状態になっちまってます(^_-)
てゆうか、オニキスNBのフォグランプ玉切れ率、高くね?
フォグランプどころか、ヘッドライトもちょいちょい玉切れ起していて、ロードスターあるあるなのか? スポーツカーあるあるなのか? はたまたオネエあるあるなのか???

車高調も入れてないし、タイヤは扁平率上げたレグノなんだけっども。それなりの振動を受ける場所なんでしょうね。

今回は根本的な原因(とmituzoが勝手に判断した)であろう「フォグランプユニット」をそっくり交換しちゃうので、ホイール外しての作業。

電球交換だけなら、ホイール装着状態でも何とか可能なんだけど、作業のし易さは断然こちら。
ジャッキアップ後、ウマ&外したタイヤをフレーム付近に置いて事故予防しましょうね。
今回もバッテリーのマイナス端子は外してないけど、愛車にボディプレスされないよう、ウマはしっかりかけますよっ。

さて、タイヤハウスカバーを外すと「フォグランプユニット」が見えました。

こちらがNB2の標準フォグランプ「H1電球 モジュラー80」

NB4は「H11 モジュラー70」に変更されている(らしい)
同じNBでもNB1は「フォグランプなし」だったり、マイナーチェンジが繰り返されているようなので、まとめておきましょうか。

NB1:フォグランプなし
NB2:H1
NB3:HB4
NB4:H11

いやぁ~、マツダさん刻むねぇ~。
っていうか、NB3のHB4って、ヘッドライトと同じHB4電球だし、明るさ不足を「どげんかせんといかん」ってことの表れなのかな???

では、3本のネジで固定されているフォグランプユニットを外します。

バンパーの内側から、オニキスNBの明るい未来を見据えつつ・・・、

つづく。

2018年11月15日木曜日

テレビ嫌い、加速中。

mituzoでございます。

「日本の台所」と呼ばれた「築地」。
83年の歴史に幕を閉じて豊洲市場に移転したわけですが…、

いろいろな問題が指摘されていた割には、オープンしてみたっけ、あれらの問題はどこへやら。広々スペースに最新の設備や一般客向けのお楽しみポイントまで…。
是非、一度出向いてみたいものです。

そして…、こう言っちゃ危険発言だけど、

「視聴率稼ぎのためにテレビが問題にしてただけだった」

そんな気がしてなりません。
最近は「過酷な労働を強いられた」だかで、ディズニーランドの中の人を問題にしてるようだけど…、やっぱり…、ただの視聴率稼ぎだよね?
(当事者の方を中傷するつもりはございません)

多くの人は「非現実」を求め、高いお金を払って「夢の国」に出向いているわけで、中の人が過重労働してることなんて聞かされたら、一気に夢が冷めちまう。

もはや、ネットが電気ガス水道と同レベルのインフラになっちゃった、今。
限られた時間枠で限られた情報を一方的に流すメディアが終焉を迎えるのも、時間の問題なのか?

ちょっと古い言い回しだけど、テレビマンやアナウンサーなんて憧れの職業だったんだからさ。「報道の自由」がルールかも知れないけど、マナーやモラルの上で「品格」を保って頂きたいものです。

いじょ

2018年11月14日水曜日

真夜中の…、

mituzoでございます。

まずは本日の一曲

突然ですが…、

真夜中の徘徊癖がございましてね。

皆が寝静まり、シーンとした中で自分だけの時間を愉しむ。
かつては1:00上がりからの、「真っ暗闇の大八山越えトレ」とかしてたなぁ~。
ペヤング@坪沼ローソンとか。

仕事柄、「夜だから寝る」という意識は希薄なのかも知れませんね。
となると…、おづんさん(おじいさん)になって入院した暁には…、

「みづんさん、ベッドさ帰ぇっがらね~」

なぁ~んてことを、白衣の天使さんから言われちゃうんでしょう。
間違いないっ!!

はい、何の決意表明だか分かりませんが…。
そぉ~んな、徘徊仲間が集まる場所。真夜中の「♪ド・ド・ド・・・ドン・キホーテ」に度々出向きまして、の~んびり買い物だったり、人間ウォッチングをするのが愉しいもので。

で、つい最近出向いた時には…、

「ジャン」

「つや消しブラック塗装のミニバン発見!!」

ホイールまで塗装され、オニキスNBとそっくり。ついつい無許可でパシャっとしちゃいました。

はい、類は友を呼んじゃってるなぁ~、という話。

2018年11月13日火曜日

帰ってきたオニキスNB修繕 ~その22~

mituzoでございます。

「修繕」でくくるからロングシリーズになってるだけで、「ハイマウントストップランプ」「テール・ブレーキランプ」「ストライカー」それぞれで〆ても良かったかなぁ~?

はい、いまさらです。
今回は、長期入院明けのオニキスNBなのでね。経年変化の含みも持たせ、このまま退院後に行った一連の修繕をまとめて参りましょう。
修繕別で確認したい場合は、右下の検索窓からググって頂くとして・・・。

それでは、ナンバー灯修繕の仕上げ。

こちらのハロゲン球を交換。

焦げたような痕跡はハロゲン球の熱による影響でしょう。

確か、ハロゲン球って高温にすることで明るさを上げてるんだっけか?
だから点灯時はかなり高温になるからね。夜間走行後に修繕する場合「ヤケドに注意!!」ですぞ。

そして、LED球の装着

見た目がだいぶ違うだけでなく、LED球は消費電力も発熱も少ないので、オニキスNBのような古いクルマにこそLED球が向いているのかもね~(^_^)v

ハロゲン球のぬくもり感のある灯火も味があって捨てがたいんだけど・・・、

こんな感じになりました。

何となく、身体の一部が若返った風ではあります。

ちなみに夜間撮影がこちら

トランクが見やすくなったどころか・・・、

「コレ、明る過ぎやしねぇかな?」

写真の撮り方もあるんだろうけど・・・、目立つなぁ~。
追突事故の抑止効果はありそうだね。
にしても、「明る過ぎ」で「御用」な~んてことが無きゃ良いな。

ちなみに、電球色のLED球ってのもあるので、ご参考まで。
確か、間もなく始まる「SENDAI 光のページェント」も電球色LED球だったよね。

さて、お次の修繕箇所へ~~~~、つづく。

2018年11月12日月曜日

帰ってきたオニキスNB修繕 ~その21~

mituzoでございます。

たまにしか使わないけど、無いと困る。
そんな不定期消耗品類を思い切って断捨離できればさ。
家の中が、か・な・り、片付くんだと思うんだけど・・・。あと、思い出関係の物品も思い切って捨てても良いらしいんだけっども。
頭では分かってても、出来ないんだよなぁ~。。。

本日登場する「強力両面テープ」も、ごくたまにしか出番が無いけど、無いと困る一品。

「Scotch謹製 超強力プレミアゴールド自動車内装用」

今回だって、使う量はほんの僅か。なかなかの低回転率物品だけど、無いと困る一品。しかも、買うと1000円くらいすっからね。DIYレベルだと一生モノかも・・・。
では、作業に戻りましょう。

取り外したナンバー灯カバーを掃除してみますと・・・、

掃除前(右)と掃除後(左)

レンズ部分がだいぶ汚れているのが分かりますね。
これだけでも、明るさに影響しそうだわ。
純正パーツ調べてみたら、一つ3000円だって!? 高ぇ~~。

浮いた分で購入!! って訳ではありませんが、Amazon先生でこちらをお取り寄せ。

「PIAA謹製 LEDポジション6000k」¥2599也

PIAAというと、元F1パイロットの中島悟氏を連想するんだけど・・・、昭和だよなぁ~。


しかも、「F1ドライバー」でも「F1レーサー」でもなく、「パイロット」だかんね。昭和丸出しだよわ。

気を取り直して・・・、
T10のハロゲン球とLED球を見てみます。

もはや別物ですね。

発光に伴う高熱故に油分を嫌うハロゲン球が昭和の遺産になるのも時間の問題か。

つづきます。

2018年11月11日日曜日

2018SUGOママチャリエンデューロ最終戦は・・・、

mituzoでございます。

MMED最終戦。
「FULLKIDz」は出場いたしません!!

8年連続出場の最終戦を欠場・・・、いやぁ~、歳にはかなわん。ってか~

FULLKIDzには、比較的若い衆もいますけどね。
逆に、育児やら本業やらが忙しく、スケジュール調整も難しくなってきてるんだよねぇ~。
あとは・・・、

1から3戦のご招待システムがなくなっちゃったのでね。
レースを愉しむのであれば、西コースで良いかな。

本コースは「愉しむ」というより「修行」、しかも「荒行」に近いからね。

そんなわけで、ライバルチームの皆さ~ん。ちばりよ~。

一応、スケジュールは空けてたので応援には出向かせて頂こうかな?

2018年11月10日土曜日

帰ってきたオニキスNB修繕 ~その20~

mituzoでございます。

ついに、シリーズもその20へ。
果たして、どこまで伸びるのでしょうか!?
情報出す側も分かっていないくらいなので、ご講読下さる皆さんは知る由もないですね。

こと、「クルマいじり」ネタに関して言いますと・・・、
ネット情報、特に「みんカラ」には助けてもらっているので、恩返し的な意味も込めて情報アップしてる節があります。
オニキスNBに偏りまくった情報ですがね・・・。

あとは、自分自身への覚え書きと「ボケ防止」かな。
「知的好奇心」を持ち続ける、気づき探しの習慣化、的な・・・。

はい、講釈はこの辺にして、
捕まっちまう前に、さっさと「ナンバー灯」修繕に取り掛かりましょう。

NBの場合、トランク側からナンバーを照射するので、トランクを開けた状態で作業を開始します。

厳密に言うと、こんな時もバッテリーのマイナスは外した方が良いんでしょうね。
ライト点けていなくてもトランク開けたら点灯すっからさ。

で、取り外した状態がこちら。

ナンバー灯のレンズ部分は右方向に押し込みつつ外すんだけど、前にナンバー灯交換した際に破損してまして・・・、爪部分がすでにありません。
細くカットした強力両面テープで固定していたんだけど、か・な・り、の固定力なので、内張り剥がしを使って外しました(*_*)

車体側には両面テープのかすが引っ付いてますね。パーツクリーナーで拭き取っておきましょう。

で、こちらの部品。

純正パーツでお取り寄せすると、1個3000円くらいだったかな?
ちなみに左右破壊してっからね。6000円か・・・。 何だろう、この割高感。

となると、今回も強力両面テープ作戦だな。

つづく

2018年11月9日金曜日

帰ってきたオニキスNB修繕 ~その19~

mituzoでございます。

最近のオサレなメンズにはアシンメトリー(左右非対称)な髪型が流行っているとのことですが・・・、

オサレとは無縁。
全身ユニクラーなオヤジなものでね。ってゆうか・・・、

「七三わけ」

接遇インストラクター講習会か何かで、七三わけが最も人を誠実に魅せる髪型だとか言ってたような・・・。
そういやアシンメトリーだな。。。

はい、自分の都合の良い方へ良い方へと、本日も参りましょうか。
で、本日の修繕箇所はこちら。

「ジャン」

バッチリと整備不良車両の証拠写真になっております。

夜間この状態で走ると、ポリスメンから「整備不良」で切符を切られる可能性「大」
ちなみに、「始業点検時には異常なかった」で免れる可能性もあるとかないとか。。。

まぁね。
裏街道にてひっそりと愛車オニキスNBのDIY生活を営んでおりますが、出来ることならポリスメンの御用にはなりたくないんでね。アシンメトリー状態のナンバー灯修繕に取り掛かることに致しましょう。

お取り寄せ開始!! で、つづく。

2018年11月8日木曜日

帰ってきたオニキスNB修繕 ~その18~

mituzoでございます。

さぁ、お待たせ致しました。

早速参りましょう。

<修繕後>

<修繕前>


一本のネジで、か・な・り、ガッチリ固定できるようになりました。
今度擦り減ったらネジ交換だけでOKだからね。電ドリのレンタル代とドリル先、ねじ代はかかったけど、修繕費用もか・な・り浮いちゃいました。

さぁ、これにて修繕の方も・・・、

と言いたいところでしたが、修繕箇所はまだあるんだな。これが。
どんだけ修理してんだか・・・。

2018年11月7日水曜日

帰ってきたオニキスNB修繕 ~その17~

mituzoでございます。

ナメちまったタッピングネジ。

もうね、溜息というか、嗚咽というか、すすり泣きというか・・・、
というのはホラ(嘘)

深く考えず、気持ちを切り替えて次に進みましょう。

上手くいくか分からないまま、もう一つ穴をこさえて(作って)しまいました。

1回目の失敗を踏まえ、深めにドリリングを進めまして~、皿ネジの「皿」部分もちょいと拡げたくらいにして・・・、
さすがに2回目は上達してますね。

無事にタッピングネジを装着!!

横から見るとこんな感じ

ちなみに、当初予定していた位置はこちら。(左ストライカー)

結局、ロックが懸かっていた左側のトップロックにもタッピングネジを装着してみました。

で、どうなったかと申しますと~~~~。

そりゃ、流れ的に次回でしょう。

2018年11月6日火曜日

帰ってきたオニキスNB修繕 ~その16~

mituzoでございます。

まずは本日の動画


お次、本日のマーフィーの法則
「オニキスNBの幌修理を始めると、雨が降る」

話を戻しましょう。
「何で穴を開けるのか」説明と同意もなく、突然始まった「ストライカー穴あけ作業」

あんなに良かった天候も暗雲から降雨へ。そして、作業にも暗雲が立ち込めて参りまして・・・。もはや完全に、FULLKIDzブログをご覧頂く皆さんを置いてきぼり状態にしてZoom Zoom進んでおります。「マツダ車だけに」ってか~。

はいはい、バカ話はこの辺にしといて話を整理しましょう。

「ストライカーへの穴あけ」は穴を開けた部分にネジを打つため、でしてね。
ロックがかからないのは「引っかかり部分の磨耗」なので、擦り減った部分に金属(タッピングネジ)を盛ってやろう、という作戦なんです。
ちなみにNA・NBロードスター乗りの常識修繕らしい。これ豆な。

さて、木材だったらまだしも、今回の相手は金属(アルミ)なので、下穴を開けてやらないとタッピングネジはちっとも入っていきません。
そんな中、パラパラと雨が降ってきたので、慣れない電ドリ作業を急ぐことに。
ドリリングがある程度進んだところで、タッピングネジ登場。

ねじ切りしちゃうと更に穴を拡げないといけないし~、「90度進めて45度戻す」を繰り返し、慎重に慎重にねじ込んでいきます。
ただ、タッピングネジはある程度強い力が必要でして、慎重かつ大胆にねじ込むべし!!
でもって、初めての作業の割には、良い感じでネジ込みは進んでい・・・、ま・さ・か、の・・・、

「ヌルっ!!」

なぬ~~~~!!
見事にネジ頭をナメ切ってしまいました(*_*)

ネジ頭がこの状態ということは「ネジの胴部分が穴に入ったまま」ということでして・・・。
シロウトのDIYでは、ネジ頭のちょん切れたネジ胴を掘り出すことなんてできっこありません。

さぁ、どうしたことか。。。

つづきます。
【なめ猫】

2018年11月5日月曜日

帰ってきたオニキスNB修繕 ~その15~

mituzoでございます。

さてと、人力の限界を悟ったオヤジ。
文明の利器のお力を享受することに致しましょう。

そんな「文明の利器」こと「電ドリ」を借りるために向かったのは・・・、

美田園にある「ビバホーム新名取店さん」
「ビバホーム 新名取」の画像検索結果

こちらのビバホームでは電動工具のレンタルサービスをやってるんですね。
滅多に使わない工具をレンタルできるのは嬉しい限り。確か1泊2日で500円だったかな? 買ったら1万以上するんだろうから、実に良心的ですね。

工具レンタルと共に、こちらのドリル先セットも購入。セットで1000円ちょいだったか?

で小さいドリル先から順番に穴を広げていきまして~



って、途中経過の写真が少ないんだけど、突然の雨(*_*) のために、急いで作業することになっちまったもので・・・。
ストライカーがないと、幌が完全に閉められない。
「ずぶ濡れオニキス」になる前に~、ってことで作業スピードをアップしたところ・・・、

予想通りのひと波乱発生。。。

愉しんでるんだか、苦しんでるんだか・・・。
当の本人もよく分からないまま、

つづく

2018年11月4日日曜日

帰ってきたオニキスNB修繕 ~その14~

mituzoでございます。

さぁ早速、ストライカーの料理を始めましょうか。

取り出したる道具は~、

こちら

どこの家庭にもある「三ツ目錐(キリ)」でしてね。

木工用のキリでストライカーに穴を開けちゃおう、ってな事で・・・、

「いざ、穴あけ開始!!」

ストライカー VS mituzo。格闘すること、小一時間。

大方の予想通り、せいぜい深さ4mm程度の穴が開いただけ。 いやぁ~、か・な・り、頑張ったんだけっども。そもそも人力じゃ無理でした。

さてと、作戦変更。

「えっと~、電ドリ電ドリっと」(電ドリ:電動ドリル)

そりゃね、電ドリあるんなら最初から使ってます。どうしましょ。
まぁ~、くさ過ぎる小芝居を挟みつつ、少しずつ進行していくNB修繕。

つづくよ